プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
451位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
442

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (5)

□□ サントリーオールフリーキャンペーン・トートバッグ騒動から、その後 □□9月になりました。しばらく静観してきたオリンピック・パラリンピックエンブレムの問題ですが、前記事(※<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>で30点中8点が取り下げになり、他にも、盗用盗作の疑惑が発見されて来た頃)以降、東山動植物園(名古屋市)ロゴ、「おおたBITO 太田市美術館・図書館」(群馬県太田市)... □□ <span style="font-size:large;">サントリーオールフリーキャンペーン・トートバッグ騒動から、その後</span> □□<br /><br />9月になりました。<br />しばらく静観してきた<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>・<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">パラリンピック</a>エンブレムの問題ですが、<br />前記事(※<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>で30点中8点が取り下げになり、<br />他にも、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>の疑惑が発見されて来た頃)以降、東山動植物園(名古屋市)<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B4" class="tagword">ロゴ</a>、「おおたBITO 太田市美術館・図書館」(群馬県太田市)<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B4" class="tagword">ロゴ</a>他、続々と新しいネタ(?)が発掘され、正直に言って、「それは誤解」「指摘は疑問」だと思うものもたくさんあったのですが、ネット民の調査力がスゴイということは明らかで、騒ぎは沈静化どころか拡大の一途をたどっているようです。<br /><br /><span style="color:#0000FF">と、ここまで書いて昼食の為、外へ出たところ、<br />「大会組織委員会が<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏デザインの使用中止の方針を固めた」との速報を食事先のテレビで見ました。<br />午後6時から、組織委員会の会見があるということなので、詳細は会見を待ちたいと思います。</span><br /><br />□□ <span style="font-size:large;">エンブレム 取り下げ決定</span> □□<br /><br />ということで、既に大々的に報道されている通り、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏によるデザインの取り下げという、ここまでの流れのひとつの決着が見られました。<br /><br /><strong>「もし、更に<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>が見つかるようであれば、「支えきれない」と判断し、<br />●<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏からデザイン取り下げ申請→●JOC「残念ですが、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏からデザインの取り下げがありました」<br />●<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>は事実無根ですが、これ以上迷惑は掛けられないので取り下げました。」<br />というシナリオになると予想します。」</strong><br /><a href="http://dulc2nd.blog101.fc2.com/blog-entry-441.html" target="_blank" title="2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (4)">2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (4)</a> Date : 2015-08-17 (Mon)より<br /><br />取り下げそのものは、上記で予想した通りとなりましたが、ひとつ予想と違ったのが、<br />ネットで一般の皆さんに発掘される前に、内部調査で発覚した結果→取り下げ<br />となると思っていたところですが、<br />逃げ切ろうとしたが、一般の調査で次々に明るみに出てしまったから。という<br /><strong>もっとも、みっともない結果</strong>になったところです。<br /><br />切り捨てるなら外部から指摘される前に早々に切る。守るなら徹底的に守り抜く。<br />この、どちらもできず、「引っ張るだけ引っ張って結局取り下げ」という一番中途半端な結末となりました。<br />トートバッグ騒動直後がセカンドチャンスだったのに<br />組織委員会・エンブレム審査委員会の対応に問題があったと言わざるを得ません<br /><br />最終的には、28日の「潔白会見」が、皮肉にも新たな矛盾を生む格好になりました。<br />新たな<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>疑惑などは、ネット民がすぐに暴き、衆目の元に晒されており、<br />あらためて説明の必要も無いと思いますが、私が感じた点を少々書きたいと思います。<br /><br /><span style="font-size:large;">【1】 <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>・<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">パラリンピック</a> エンブレムの等価性</span><br /><br />会見では、修正前のエンブレム原案が公表されました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/genan_20150902125903453.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/genan_20150902125903453s.png" alt="genan_20150902125903453.png" border="0" width="600" height="573" /></a><br /><br />毎日新聞サイトより <a href="http://mainichi.jp/select/news/20150829k0000m040052000c.html" title="http://mainichi.jp/select/news/20150829k0000m040052000c.html">http://mainichi.jp/select/news/20150829k0000m040052000c.html</a><br /><br />左側が、当初の応募デザインという説明。修正前というよりは、全く別物。<br /><br />エンブレムのお披露目の時には、<br />審査では、「<strong><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>と<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">パラリンピック</a>の両エンブレムの等価性が審査基準</strong>のひとつとなった」という意味の説明があり、私も、<a href="http://dulc2nd.blog101.fc2.com/blog-entry-440.html" target="_blank" title="「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)」">『2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)」</a>で、<br /><br /><strong>「最初に発表された時、私は率直に言って、「うまくできてるな」と思いました。<br />特にパラリンピックの方は、「P」に見え、オリンピックとの同等性が感じられました。』</strong><br /><br />と、書きました。<strong>色の変換だけで、両エンブレムが成立している点はデザインの評価に値する</strong>と感じたわけです。<br /><br />ところが、潔白会見で公表されたオリンピック原案では、白黒の色変換だけではパラリンピック<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B4" class="tagword">ロゴ</a>はできないのです。<br />試しにやってみました。<br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/para.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/paras.png" alt="パラリンピックエンブレム" border="0" width="518" height="224" /></a><br />(左)原案 /(右)白黒を反転した。<br /><a href="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/para2-2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-81-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/para2-2.png" alt="パラリンピックエンブレム" border="0" width="518" height="224" /></a><br />パーツをいじってみる。せめて●が上に来ないと、パラリンピックのエンブレムには見えません。<br /><br />会見ではパラリンピックエンブレムの原案は公表されませんでしたので、予想がどれだけ近いかわかりませんが、<br />少なくとも、オリンピックエンブレム以上に原案と発表案の印象は違っていたはずです。<br />はっきりいって、修正というよりは別デザインですね。色変換だけで成立する等価性は、後付の説明だった訳です。<br />会見では「オリンピックとパラリンピックの2つのエンブレムが、独自性を持ちながら関連性を担保していること。」と説明されており、意味合いが随分違う印象です。<br /><br />結果的に、<strong>「デザインコンペ」ではなく「デザイナーコンペ」</strong>になっており、<br />最終案への移行のプロセスは、<br /><strong>「委員のひとり、平野敬子さんは、真剣に検討し選んだものは、いちばん最初の原案であるので、ここについてはそのプロセスを経ていないということで、ご承諾いただけなかった」</strong>(槙英俊マーケティング局長)<br />と、平野委員だけが承諾しなかったことが説明されており、<br />逆に他の7名の委員は流れるがままで、「審査委員会」が機能していない状況が明らかです。<br /><br />また、審査プロセスで、名前がわからない状況での審査と説明されていましたが、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏と審査委員の多くが近しい間柄であることを考えると、「形ばかり」という気はします。<br /><br /><span style="font-size:large;">【2】 人の作品を使った展開例はクローズドだったら許されるか?</span><br /><br />「2位、3位の案も拝見いたしましたけれども、佐野さんの案は、特に会場装飾や関連グッズなどへの展開案が非常に素晴らしかったために、仮に次のステップの商標調査で修正を余儀なくされたとしても、1位案のデザイナーの方、つまり、佐野さん自身に案を修正していただくことでエンブレムの完成を目指す、ということが決定いたしました。」(永井審査委員長)<br />と、説明されたので、件の羽田空港や渋谷でのエンブレム展開例は、審査段階で大変高いポイントであったのは明らかになりました。(※佐野氏サイドはこういったプレゼンが大変上手な印象があります。)<br /><br />デザイン・広告関係者にとっては周知の事ですが、<br />確かに内輪で確認したり使用例などで、街の景観写真などを使うことは、少なくないといえます。<br />TVCMの絵コンテコンペなどでも使う場合もあるでしょう。(昔は、全部描いていましたが。)<br /><br />確かに、人の著作物でも自分が鑑賞したりする「私的利用」は可能です。<br />しかし、それを第三者に渡してしまっては、例えクローズド(=バレない)であっても「配布」に値します。<br />ましてやエンブレムの審査に提出したものとなれば、結果が公表されるという「公式」なもので、<br />会見での説明では、「内部資料として提出したもの」とされていましたが、<br />仮に一般に公表されないものだとしても佐野氏が行ったことは、完全にアウトなのです。<br /><br />佐野氏は、取り下げ後のコメントで、<br />「(エンブレム)原案に関しても修正案に関しても(中略)模倣や<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>は断じてしていない」としていますが、<br />審査に大きな影響を及ぼした付帯資料で流用しているならば、何の説得力もありません。<br />しかもエンブレムの応募は佐野氏個人でしたもので、別のスタッフは一切関わっていない<br />と本人が言っている事実は、大変重いと思います。<br /><br />佐野氏と氏の事務所の通常ワークでは、「流用」が日常的に行われていることは<br />もはや、疑いようが無いと言うほかはありません。<br /><br /><br />
441

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (4)

--「Tシャツも“コピペ”?」記事に疑問--大問題となってしまった佐野研二郎デザインの<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>事務所のHPに、お詫びと説明がアップされ、前記事「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)」で書いた通りでした。そんな中、また衝撃的な記事がネットニュースに踊りました。Tシャツも“コピペ”? 佐野研二郎氏を襲った「新たな疑... --「Tシャツも“コピペ”?」記事に疑問--<br /><br />大問題となってしまった<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E%E7%A0%94%E4%BA%8C%E9%83%8E" class="tagword">佐野研二郎</a>デザインの<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント><br />事務所のHPに、お詫びと説明がアップされ、<br />前記事「<a href="http://dulc2nd.blog101.fc2.com/blog-entry-440.html" target="_blank" title="2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)">2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)</a>」で書いた通りでした。<br /><br />そんな中、また衝撃的な記事がネットニュースに踊りました。<br /><a href="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/20150816232236e62.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/20150816232236e62s.png" alt="日刊ゲンダイ" border="0" width="400" height="250" /></a><br />Tシャツも“コピペ”? <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E%E7%A0%94%E4%BA%8C%E9%83%8E" class="tagword">佐野研二郎</a>氏を襲った「新たな疑惑」 <br /><a href="http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771" target="_blank" title="http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771">http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771</a><br /><br />記事の内容は、直接日刊ゲンダイのサイトをご覧いただきたいですが、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9" class="tagword">著作権</a>法に詳しい弁護士の意見なども交えて、なかなか説得力があります。<br /><br />しかし、 <span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">「ん?」</span></span> よくよく見ると、<br />ボディのデザインプリントではなく<br /><strong><span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">ネック裏のサイズタグ代わりのプリントですよね。これ。</span></span></strong><br />デザインの「Primal Engine」というのは、このTシャツ会社のシリーズ名らしく、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏デザイン以外のTシャツにも使われているようです。<br />つまり、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏デザインとは全く関係が無い可能性が高いように思えますが……<br />もしかしたら、本当に<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏デザインなのかもしれませんし、<br />私がメーカーに確認したわけではないので、これ以上は何ともいえませんが<br />(別にメーカーに確認するつもりも無いので、あしからず。)<br /><br />しかしこれは、日刊ゲンダイの確信犯的記事ではないでしょうか?<br />もっとも不自然な点は、<br />音楽ディレクターや弁護士に取材しているにも関わらず、<br /><span style="color:#FF0000"><strong><span style="font-size:large;">肝心のTシャツメーカーのコメントを取っていない。</span></strong></span>点です。<br />恐らく、取材したのですが、期待した結果(?)が出なかったので<br />取材を無かったことのようにしたのではないでしょうか。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>デザインを叩くのは構わないと思いますが、<br />便乗して、ウソの情報を紛れ込ませたり、ウソの<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>をでっち上げるのは絶対いけません。<br /><br />※もちろん、タグ代わりのプリントデザインとはいえ、<br />記事の通り、元写真を許可無く勝手に使ったのであれば、誰がデザインしていても、それ自体は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>ですし、<br />タグプリントが佐野氏デザインなら記事の指摘は正しいと思います。<br /><hr size="1" /><br />さて、話題の佐野氏の方ですが、<br />おそらく、JOCと広告代理店の監視下に置かれていることでしょう。<br />そして、過去のデザインなどについて、全て細かく尋問と調査を受けていると思います。<br />当然、勝手な言動などができる状態ではないはずです。<br /><br />その調査の結果次第で、JOCの出方が変わると思いますが<br />もし、更に<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>が見つかるようであれば、「支えきれない」と判断し、<br />●佐野氏からデザイン取り下げ申請→●JOC「残念ですが、佐野氏からデザインの取り下げがありました」<br />●佐野氏「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>は事実無根ですが、これ以上迷惑は掛けられないので取り下げました。」<br />というシナリオになると予想します。<br /><br />明日は、週明けの月曜となり、今週は何らかの動きがあるかもしれませんね。<br /><br /><br /><br />
440

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)

佐野研二郎氏デザインの<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>は、13日午後、30点中8点の取り下げおよび発送中止が発表されました。http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/これを受けて、NHKのニュースなどでも大きく報道されました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150813/k10010189031000.htmlデザインの盗用が話題になっていますが、ディレクションの話を。デザインは佐... <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E%E7%A0%94%E4%BA%8C%E9%83%8E" class="tagword">佐野研二郎</a>氏デザインの<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>は、<br />13日午後、30点中8点の取り下げおよび発送中止が発表されました。<br /><a href="http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/" target="_blank" title="http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/">http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/</a><br /><br />これを受けて、NHKのニュースなどでも大きく報道されました。<br /><a href="http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150813/k10010189031000.html" target="_blank" title="http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150813/k10010189031000.html">http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150813/k10010189031000.html</a><br /><hr size="1" /><br />デザインの<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>が話題になっていますが、<br />ディレクションの話を。<br /><br />デザインは<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏個人というよりは、事務所(+外注)で作られたものでしょう。<br />しかしもちろん、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E%E7%A0%94%E4%BA%8C%E9%83%8E" class="tagword">佐野研二郎</a>の名前で発表されているのですから、<br />デザインの最終的な責任は<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏にあります。<br /><br />今回、30点のトートバッグのデザインを見て感じたことですが、<br />デザイン事務所や広告代理店の方なら、よくお分かりのはずですが、<br />数十点のデザインをディレクションするときには、<br />使われている素材の経緯に関して、可か否か判断する経験と「嗅覚」が必要です。<br /><br />デザイナーやアートディレクターという職業は、<br />世の中に発生するデザインに大変敏感です。<br />ゼロから物を生み出すのではなく、インプットしたものの量と質がとても大事で、<br />常にアンテナを張り巡らせていますし、そうでなければなりません。<br />デザインだけではなく、様々な文化芸術を吸収しなければなりません。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏ほどの経験を持っていて、可か否かの判断できないとは到底思えないのですが、<br />これほど雑なことが起こってしまった原因として考えられるのは、<br /><br />(1)相当スケジュールに追われてしまった<br />(2)ディレクション能力の低い人に任せて、自分はほとんど見ていなかった<br />(3)いつも同じことをやっていて、いつも通りだった<br />(4)それらの複合<br /><br />が、考えられます。<br /><br />特に、No,19 本のイラスト ですが、<br /><a href="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/06.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/06s.jpg" alt="Book" border="0" width="400" height="310" /></a><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>部分ではないので、ネット騒動上ではあまり重要視されていませんが、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>以前に、洋書の表紙を間違っており(横文字の本は、左開き)、<br />これは、着物の合わせを左前にする位、 <span style="font-size:large;">恥ずかしい初歩的ミス</span> です。<br />素材を作った人もディレクションもアウトです。<br />こんな仕事では他の素材も、かなり注意深く見なければならないということは明らか。ということになるのです。<br /><br />サントリー商品のキャンペーンという大きい仕事で、<br />こんな雑な仕事をしているとは驚きでした。<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>が出てくるのも、逆に理解できます。<br /><br /><span style="font-size:large;">つまり上記の理由の、(1)(2)(3)全てが当てはまっているのではないでしょうか。</span><br /><hr size="1" /><br />さて、話は五輪エンブレムに戻りますが、<br />最初に発表された時、私は率直に言って、「うまくできてるな」と思いました。<br />特に<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">パラリンピック</a>の方は、「P」に見え、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>との同等性が感じられました。<br /><br />また、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏のコメント通り、パーツの拡張性も確かに感じます。<br />このワークは、相当力を入れて行ったことはわかります。<br />(※会見で発表されたフォント(?)は可読性が悪すぎ、とってつけたような印象がぬぐえませんが。)<br /><br />ただ、1日の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>疑惑を受けての釈明会見を見て引っかかったのは、<br />●全世界全ての<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AD%E3%82%B4" class="tagword">ロゴ</a>マークを見ているわけではない。<br />●<span style="font-size:large;">「ピンタレスト」(多くのデザインが集まるサイト)は見たことがない。</span><br />という意味のことを言った事です。<br /><br />もちろん、全世界のマークデザインを把握することは不可能でしょう。<br />しかし、上に書いたように、常に広くアンテナを張り巡らせているはずの人が、あるいはその人の事務所が、<br />一般並みのアンテナだというのも、むしろ不自然だと思いました。<br />なにしろ、トートバッグレベルのデザインで、<br />フランスパンの写真を一個人のブログから引っ張ってくるほどの探索力はあるのですから。<br /><br />また、トートバッグデザインの件で、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>の指摘のあった<br />「つづりミスのニーチェの手書き文章」は「ピンタレスト」掲載のものであったとの話もあります。<br /><br />2020年 東京<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>/東京<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">パラリンピック</a> エンブレムは、<br />キズが拡大する前に、早急に取りやめるべきでしょう。<br />
439

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック ロゴマークの問題について (2)

前記事 「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック ロゴマークの問題について」 で佐野氏や大会組織委員会側のスタンスがはっきりし、バトンはベルギーの劇場側に渡ったと書きました。Olivier Debie氏と劇場側が、どのように出るかは、今の時点(2015/08/10)でも一般にはわからないので、「無事に収まるか。訴訟に発展するか。」の可能性は、半々と見ていました。佐野氏や大会組織委員会側のスタンスとは、端的に言う... <br />前記事 <a href="http://dulc2nd.blog101.fc2.com/blog-entry-438.html" target="_blank" title="「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック ロゴマークの問題について」">「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック ロゴマークの問題について」</a> で<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏や大会組織委員会側のスタンスがはっきりし、バトンはベルギーの劇場側に渡ったと書きました。<br />Olivier Debie氏と劇場側が、どのように出るかは、今の時点(2015/08/10)でも一般にはわからないので、<br />「無事に収まるか。訴訟に発展するか。」の可能性は、半々と見ていました。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏や大会組織委員会側のスタンスとは、端的に言うと、<br />●一切<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>はしていない。●コンセプトが違うから似ていない。●JOCは問題ないと判断。<br />というもので、Debie氏の要望を100%突っぱねた内容。<br /><br />私は、前記事で書いたとおり、<br />「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E4%BD%9C" class="tagword">盗作</a>は否定するとしても、『似ている』ことは肯定するべき」<br />「故意ではないが、似てしまってごめんなさい。というスタンスを取るべき」だったと、今も思っているので、<br />完全否定の会見内容は、私には疑問に思う点もあり、態度も強硬すぎる気がしました。<br /><br />会見後は、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏擁護派(?)は沸き立ち、<br />テレビの情報番組も急に生き生きとしだします。<br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000"><strong>「知らないでしょうリエージュ劇場なんて。初めて聞いたで」</strong></span></span><「ミヤネ屋」(日本テレビ系)宮根誠司氏><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000"><strong>「思い入れは分からなくもないんですけど、(抗議の)スピードも早いですし。炎上ビジネスに見えなくもないですよね」</strong></span></span><「ひるおび!」TBS系)八代英輝弁護士><br /><br /><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000"><strong>「オリビエ・ドビさんて、そんなに世界的に有名なデザイナーではないですよね?」「Twitterもフォロワー数が300人しかいないような『弱小の人』なんですよ。だから、本当に言いがかりだなって思っちゃうんですけどねえ」</strong></span></span><「とくダネ!」(フジテレビ系)社会学者の古市憲寿氏><br /><br />それ見たことか!と言わんばかりの、見るに堪えないDebie氏や劇場側へのバッシングの雨嵐でした。<br />劇場や Debie氏は何も悪いことをしていないのに、ひどい言われようです。<br /><span style="color:#FF0000"><strong><span style="font-size:large;">(※<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">オリンピック</a>スピリットって何でしたっけ?)</span></strong></span><br />SNSでの日本国内のデザイナーや広告関係者の発信も大同小異……。<br />まあ、メディアが大スポンサーが困ることを積極的に言うとも思えませんが、あまりにひどい。<br /><br /><span style="font-size:large;">ところが……</span><br />「裁判になっても問題ない。」という空気ができ始める中。想定以上の事が発生しました。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏の数々のデザイン<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>を指摘する声が拡大。<br />元々、会見前から「似ているデザイン」は、多数取り上げられてきましたが、<br />決定的とも言うべき事例が掘り起こされました。<br /><br />それが、サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント<br /><a href="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/bag.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/bags.png" alt="オールフリートート" border="0" width="400" height="250" /></a><br /><a href="http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/" target="_blank" title="http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/">http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/campaign2015/</a><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏デザインの30種のトートバッグデザインパーツの多くに、「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>」が発覚してしまったのです。<br />現在、SNSや掲示板上で<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%BD%90%E9%87%8E" class="tagword">佐野</a>氏関連は炎上状態となっています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/beach.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/beachs.png" alt="オールフリートート" border="0" width="400" height="250" /></a><br />(※セカンドライフで販売している看板の画像と佐野氏デザインのトートバッグ)<br /><a href="http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1849677.html" target="_blank" title="http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1849677.html">痛い2チャンネルニュースより http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv</a>es/1849677.html<br /><br />他にもカルバン・クラインと瓜二つの時計(※絶句ものです)など、出るわ出るわ……<br /><br />これは完全に会見で表明した佐野氏側のスタンスやテレビなどのメディアの対応がやぶへびになり、<br />消化に失敗するどころか燃料を投下してしまった形。<br /><br />会見前には、「何とか収まればなあ」と思っていた私ですが、<br />ここまで<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%97%E7%94%A8" class="tagword">盗用</a>疑惑だらけでは、残念ながら、これはもう無理です。<br /><br />今のところ、デザインを提供されたサントリーや酷似デザインのカルバン・クライン、<br />その他当事者の方々などが、どのような態度を取るのかわかりませんが、<br />注視したいと思います。<br /><br />(長くなったので、続きます。)<br />
438

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック ロゴマークの問題について

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック のロゴマークが、ベルギーの劇場のロゴマークに似ているという問題。連日メディアで取り上げられています。少し思うところもあり、書いてみたいと思います。日本経済新聞サイトより http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HG8_Z20C15A7000000/3日前の7月28日19:53(日本時間)にOlivier Debie氏が自身のTwitterに投稿しています。https://twitter.com/OliDebie/sta... 2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック のロゴマークが、<br />ベルギーの劇場のロゴマークに似ているという問題。<br />連日メディアで取り上げられています。<br /><br />少し思うところもあり、書いてみたいと思います。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-80-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/tokyo.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-80-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/tokyos.png" alt="tokyo.png" border="0" width="400" height="250" /></a><br /><br />日本経済新聞サイトより <a href="http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HG8_Z20C15A7000000/" target="_blank" title="http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HG8_Z20C15A7000000/">http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HG8_Z20C15A7000000/</a><br /><hr size="1" /><br /><br />3日前の7月28日19:53(日本時間)にOlivier Debie氏が自身のTwitterに投稿しています。<br /><a href="https://twitter.com/OliDebie/status/625982341429788672/photo/1" target="_blank" title="https://twitter.com/OliDebie/status/625982341429788672/photo/1">https://twitter.com/OliDebie/status/625982341429788672/photo/1</a><br />他のSNSなども利用し発信。<br />翌29日には通信社(共同通信)の記事を通じて、瞬く間に世界中に広がりました。<br /><br /> Debie氏の主張点を整理すると、<br />TとLをモチーフにした劇場ロゴ部分。中心の四角・左上の三角部・右下の三角部<br /><strong><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000">それに、下側のフォントも同一</span></span></strong><br />※注:「下側のフォント」とはTOKYO2020の文字書体の事<br /><br />それを受けるように、<「国際的な商標登録の手続きを経てエンブレムを発表している。特に本件に関して懸念はしていない」>という、東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲戦略広報課長のコメントを合わせて報じています。<br /><br />日本メディアでの取り上げ方は、国立競技場問題がやっと修正路線に乗り始めた直後で<br />しようがないとは言え何とも煮え切らない感じ。<br /><strong>「どう…ですかあ? 似ていますかねえ…」<br />「似ていると言われれば、そんな気も…」<br />「シンプルなものだから似てしまうのはしょうがないのでは…」</strong><br /><br />完全に話が逸脱しています。<br /><br />まず、「似ているかどうか」の議論ではなくて、<br /><span style="font-size:large;"><strong>「盗作かどうかは別として、完全に似ている」という姿勢</strong></span><br />で進めなければならないと思いますが、<br />高谷広報課長のコメントのように、<br />「商標登録を調べて無かったんだから問題無い」としては、<br />収まるものも収まりません。<br /><br />劇場のロゴの方が明らかに先ですし、<br />商標ではなく著作権としてみた場合は、とても問題ないとは思えません。<br />何より、同じデザインの先作者への敬意が全く無いのはマズイでしょう。<br />穏便に収めたいなら、<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">1)盗作ではありませんが、<br />2)あなたの素晴らしい著作に大変似ている事は認めます。<br />3)あなたとの対話無しに強行するつもりはまったくありません。<br />4)ついては、寛大なご判断をいただきたいのです。</span></strong><br /><br />と進めなければ、ならないはずです。<br />当然、お支払いするものはお支払いしなければなりません。<br />とにかく、「問題なし」で強行したがる図式は、<br />国立競技場の問題と全く同じではないですか。<br />変にこじれなければ良いのですが…<br /><br />取りまとめたのは大手代理店でしょうか?<br />頑張って、収めてください。<br /><br /><span style="color:#009900"><span style="font-size:x-small;">※まあ収まらなくてもいいですけど…</span></span><br /><br /><br />
437

将棋・詰将棋と著作権の周辺整理

さてと…将棋・詰将棋周辺の著作権について書いて行こうとは思いますが、連連と講釈を垂れるつもりはありません。それぞれ自分で考える一助の素材になればと思っています。棋譜や詰将棋がよく取り上げられますが、まずは、何が対象になり得るのか整理しておきましょうね。A:スコア系1)棋譜2)詰将棋・必至問題・他の創作問題B:パフォーマンス系3)席上対局・公開対局などの実演C:道具系4)盤・駒・その他の道具5)駒の書体... さてと…<br /><br />将棋・詰将棋周辺の著作権について書いて行こうとは思いますが、<br />連連と講釈を垂れるつもりはありません。<br />それぞれ自分で考える一助の素材になればと思っています。<br /><br />棋譜や詰将棋がよく取り上げられますが、<br />まずは、何が対象になり得るのか整理しておきましょうね。<br /><hr size="1" /><br />A:スコア系<br />1)棋譜<br />2)詰将棋・必至問題・他の創作問題<br /><br />B:パフォーマンス系<br />3)席上対局・公開対局などの実演<br /><br />C:道具系<br />4)盤・駒・その他の道具<br />5)駒の書体<br /><br />D:その他<br /><hr size="1" /><br />といったところでしょうか。ざっくりですが大体入るでしょう。<br /><br />次に、WEB上で見られる主な参考情報を上げておきます。<br /><br />○詰将棋の著作権について(東京詰将棋工房)<br /><a href="http://www.tsumekobo.org/d_ttmfaq/faq_cprt.html" target="_blank" title="http://www.tsumekobo.org/d_ttmfaq/faq_cprt.html">http://www.tsumekobo.org/d_ttmfaq/faq_cprt.html</a><br /><br />○詰将棋の引用について(詰将棋パラダイス)<br /><a href="http://www005.upp.so-net.ne.jp/tsumepara/contents/6info/quotation.htm" target="_blank" title="http://www005.upp.so-net.ne.jp/tsumepara/contents/6info/quotation.htm">http://www005.upp.so-net.ne.jp/tsumepara/contents/6info/quotation.htm</a><br /><br />○詰将棋の著作権(Footprints)<br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/redips/20120106/1325864802" target="_blank" title="http://d.hatena.ne.jp/redips/20120106/1325864802">http://d.hatena.ne.jp/redips/20120106/1325864802</a><br /><br />○将棋電王戦と「機械的失業」と棋譜の著作権(INTERNET Watch)<br /><a href="http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20140418_644307.html" target="_blank" title="http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20140418_644307.html">http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20140418_644307.html</a><br /><br />○棋譜>棋譜の著作権(Wikipedia)<br /><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%AD%9C#.E6.A3.8B.E8.AD.9C.E3.81.A8.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9" target="_blank" title="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%AD%9C#.E6.A3.8B.E8.AD.9C.E3.81.A8.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9">https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%AD%9C#.E6.A3.8B.E8.AD.9C.E3.81.A8.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9</a><br /><br />○詰将棋>詰将棋の作品性>著作権(Wikipedia)<br /><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9" target="_blank" title="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9">https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9</a><br /><br />※Q&A系は除きます。他にも良質な記述があればぜひ教えてください。<br /><br />なお、現時点まで将棋・詰将棋に関しては大きな訴訟は起こっていないようで、<br />したがって、直接参考になる判例は無いようです。<br /><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-6.html" target="_blank" title="(象棋外典/アポクリファ-Ⅱ)より">(象棋外典/アポクリファ-Ⅱ)より</a>転載
436

ホテルコンシェルジュ(2015TBS)

「ホテルコンシェルジュ」(TBS) 2015夏クール/火10公式ページ:http://www.tbs.co.jp/hotel_2015/ 今のところ、とりあえず見ている…… 何だか、見てるほうが恥ずかしくなってくる。  このキャストを使って、これか。 石ノ森章太郎の「HOTEL」などの名作があるだけになあ… なんと言っても挿入歌だが、Eaglesの名曲『Desperado』をカヴァーしている。CHEMISTRY(ケミストリー)だと思ってたら違うんだ。へ~ ……頼むから勘弁... <div style="text-align: center;"><br />「ホテルコンシェルジュ」(TBS) 2015夏クール/火10<br /><br /><a href="https://blog-imgs-80-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/150722.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-80-origin.fc2.com/d/u/l/dulc2nd/150722s.png" alt="ホテルコンシェルジュ" border="0" width="400" height="250" /></a><br />公式ページ:<a href="http://www.tbs.co.jp/hotel_2015/" target="_blank" title="http://www.tbs.co.jp/hotel_2015/">http://www.tbs.co.jp/hotel_2015/</a></div><hr size="1" /> 今のところ、とりあえず見ている……<br /><br /> 何だか、見てるほうが恥ずかしくなってくる。 <br /> このキャストを使って、これか。<br /> 石ノ森章太郎の「HOTEL」などの名作があるだけになあ…<br /><br /> なんと言っても挿入歌だが、Eaglesの名曲『Desperado』をカヴァーしている。<br />CHEMISTRY(ケミストリー)だと思ってたら違うんだ。へ~<br /><br /> <span style="font-size:x-large;">……頼むから勘弁してくれ</span>。<br /><br /> 原曲の詩の世界は無視か。<br /> 元々が好きな曲だけに、聴いてられない。<br /> 美しいメロディーが欲しかっただけとしか思えない。<br /><br /> 皮肉にもドラマの質を良く表わしているとは言える。<br /> 全てが上っ面だけだ。<br />
  • Date : 2015-07-22 (Wed)
  • Category : TV
434

ブログ改装中

環境が大幅に変わって、創作時代に突入…といっても、コンディションがまだ整わず…ボチボチいこか といったところ。ブログ内容も、今の環境に合わなくなり、閉じた上で新しく始めようかとも思ったが、古い記事もログとして残しつつ、フル改装することにしました。当面は、チョコチョコ変わるかもしれませんが、お付き合いのほどよろしくお願いします。... 環境が大幅に変わって、創作時代に突入…<br />といっても、コンディションがまだ整わず…<br />ボチボチいこか といったところ。<br /><br />ブログ内容も、今の環境に合わなくなり、<br />閉じた上で新しく始めようかとも思ったが、<br />古い記事もログとして残しつつ、フル改装することにしました。<br /><br />当面は、チョコチョコ変わるかもしれませんが、<br />お付き合いのほどよろしくお願いします。<br />
@DUGARTZさんのツイート
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。