プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
120

「マーク デンステッダー のように描いて楽しむ」について

ギャラリー二子玉川 デッサンクラス 特別企画
「マーク デンステッダー のように描いて楽しむ」

マークデンステッダーのように描く3


説明の為のデモも3点描いたので、まずまず準備は進んでおります。

デモは写真から描き起したものなので、「模写」です。
やはり、生のモデルを描きたいですね!当日が楽しみです。

当日の座学のテキストも兼ねて少々コメントを。

本講座は、基本的にデッサン力を付ける為のデッサン会ではなく
プロの技法を真似してみる。そして、楽しんでみる。という主旨で、
中級以上の方々には、十分満足してもらえるだろうと思います。
(全くデッサンをやったことが無いという方は、少々きついかもしれません。)

マークデンステッダーのように描く1

描いてわかったことも多々あり、
1)マークのドローイングは、完全に「人物」向き
この手法で石膏像や静物を描いても絵柄の良さは出ません。

2)わざとハイコントラストの被写体を作ることで
「細部を追う」事から逃れられる。

模写してみてわかりましたが、このようなコントラストは
意図してつくらないと、なかなか存在しません。
模写の写真もトップライトなどでコントラストの強いものを選んだつもりだが
それでも、表情やディテールを追い気味になります。

マークデンステッダーのように描く2



トップの絵はその例。わかっていてもついつい表情に気が行ってしまいます。
まあ、模写ですから仕方ないんですけど。
(ただ、友人などをこのように描いてあげたら喜びそうですね。)

また、日本人は目鼻の彫が深くないので、
顔面に影を作りにくいという難点はありますが、
その意味でも、当日は、思い切ったコントラストで
表情を消した被写体をを生みたいと思います。請うご期待!

皆様のご参加をお待ちしています。

詳細・デモスライドショー・ムービーはこちら
2

Comment

  1. DUG

    DUG

    2010-05-06 (Thu) 17:34

    > 私の顔は、鼻が低いので
    > 濃淡があまりなく学生時代に
    > 友人たちから「マンガに描きやすい顔をしている」と
    > 言われていました。

    え~そうなんですか?
    今度お会いできるのを楽しみにしています。
  2. たんぽぽ

    たんぽぽ

    2010-04-27 (Tue) 15:46

    私の顔は、鼻が低いので
    濃淡があまりなく学生時代に
    友人たちから「マンガに描きやすい顔をしている」と
    言われていました。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop