プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
128

鼻歌まじりに、命懸け。



昨日、ギャラリーの音響&防音テストを兼ねて、
バイオリニストの飯田さんを招いて、アンサンブルの指導を拝見させてもらった。
飯田さんとは、二子玉川の芸術発信に関しての計画を共同で取り組み始めており、
秋頃より皆様へも具体的なお伝えができる予定です。

その指導では、飯田さんらしい歯切れがよくアグレッシブな指導が、
わかりやすく聞いていて心地よい。
美術指導の面でも、大変参考になった。

中でも芸大在学中の学長のコメント(らしい)
「鼻歌まじりに、命懸け。」を引き合いに
演奏家としての矜持をわかりやすく説明されたのが印象的だった。

それは、そのまま美術にも当てはまり
表現者として「立ち方」は、全く同じなのだと大いに共感した。
要は、

『一生懸命やってますっ。』というアピールをするな!

ということ。
プロなら一生懸命やるのは当たり前のこと。それを見せるな。という意味。
大変な状況も、鼻歌交じりにさらりと余裕を見せなさい。

やたら忙しさを強調したり、
無意識だと思うが、忙しさ感を醸し出す人が、意外と多い。
中には、作品の中にそれを出す人も。
気をつけて下さいね。

さて、音響に関しては、私にはサッパリなのだが、
プロの耳では、「すごく良い」との事で、
「招かれて演奏した教会より、ここの方が良い」との話だった。

近いうちに、気軽な演奏会や
展示とのコラボレーションに
皆様をご招待できるかもしれません。
どうぞお楽しみに。

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop