プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
208

ネーミングの練習します?

仕事柄(あれ?)、「ネーミング」に感心されることが結構あります。
(コピーライティングは専門ではありませんが…)

ネーミングを考えるときの一番悪いケースは、
最初に出たアイデアが気に入ってしまい、
なかなかそこから離れられないことだと思います。

たとえばロゴマークのアイデアスケッチでも
何百~何千と書くのが「普通」。(必ずしも一人でというわけではありませんけど。)

この時、重要なのが「考えないこと」。
「よ~し!イッパツかっこいいネーミングを…」
な~んて考えると、まずダメです。
これは、ストーリーをつくったり、ビジュアルをつくる場合も基本的に同じです。

考えずにフラッシュで出しまくるのが大事です。
だから考えないトレーニングをする必要があります。

「そんなのできない!」と思われたそこのアナタ!
大丈夫。簡単です!




アイデアが出せるようになると、どんどん捨てられるようになるので
結果的に、クオリティが上がります。
せっかくですから、トレーニング方法をひとつ紹介してみます。
気が向いたらやってみてください。
「お?なんか面白いぞ!?」というネーミングの下案が出てくると思います。
プランもストーリーもビジュアルも、考え方は同じです。

■モデルケース:ビジネス書のタイトルの下案
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おおまかな練習のやり方
3つの候補群を作って、それぞれを好き勝手に組み合わせます。
Amazonの「本」カテゴリーで3つのキーワード群で検索する(人気順)
人気順で表示するのは、できれば旬なワードも欲しいから。

1)検索ワード1:「料理 クッキング」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

検索ワードは料理でなくてもスポーツでも子育てでも何でもいい。
できるだけビジネスとは離れたテーマのほうがいいです。
検索で出てきた上位100件から、「料理らしい」ワードを
どんどん抜き出します。ためしにやってみましょう。

あ。ワードの書き出しをパソコンを使ってやろうとしているアナタ!ダメダメ~
検索はネットを使いますが、ワードの書き出しは「ノートとペン」を使います。
ホワイトボードや模造紙でもいいですよ。

ノートに書き出し


「料理 クッキング」(例)
麹、すぐにおいしい、定食、おうちでできた焼きたて、まいにち食べたい、スイーツ、はじめての、
魔法の、もてなしごはん、ネタ帖、泣くほどうまい、とっておきの、ジュース、本場仕込みの、
1年中おいしい、献立、オーガニック、もっちり、さっくり、横町、鍋 …など。

まあ、とりあえずこんなところ。どれも料理っぽいワードですね。

料理本の検索


2)同じように検索ワード2~3「哲学 思想」「ビジネス マーケティング セールス」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビジネスに関する本ですから、候補群の一つは「ビジネス関連」のものにします。

同じようにワード例です
「哲学 思想」
幸福について、人生論、思想、道、超訳・新訳、戦略、ブルーオーシャン、~ということ、~の品格
~を探して、13歳からの、語録、論理、~のすゝめ、ほんとうの、手本、存在、考察、頭がよくなる
ポストモダン、神との対話、~の生涯、~とは、入門、生きがい …など。

「ビジネス マーケティング セールス」
戦略、リピーター、口コミ、しくみ、セールストーク、営業、ブランディング、法則、チラシ、広告、繁盛、
儲かる、予算、つかむ、成功、習慣、バイブル、トリコにする、売る方法、安売り、売れる、成功する、
技術、するな、~する方法、のルール、し方、マーケティング、お客様、サンキュー、図解、実践、
加速させる、プログラム、ブランド、BtoB(BtoC)、ネタ、ソーシャルメディア、~倍にする、
ハイパワー、コンセプト、ポジショニング、サービス、パーソナル …など。

とりあえず、こんなもんでしょう。とにかく、あまり考えずに「らしいな」と思ったら、抜き出します。

3)3つのワード群から、ワードを組み合わせてみます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブロックを組み立てる、いちばん楽しいところです。
ワードをひとつ抜き出し、ほかの群のワードとくっつかないか見まわします。
考えず止まらずに進めて、一通り最後まで見たら、次のワードに行きます。

たとえば「すぐにおいしい~」をキーにして

「すぐにおいしい~」
すぐにおいしい思想、すぐにおいしいブルーオーシャン、すぐにおいしい戦略、すぐにおいしいセールストーク、すぐにおいしいポジショニング、すぐにおいしいサービス

名詞ならけっこうたくさんくっつきますね。
まず書き出して、あまり当たり前なものは外して、
組み合わせとして新鮮なものを残しましょう。
 
すぐにおいしいブルーオーシャン

これを各ワードで繰り返します。考えないでね。
いきますよー!はい!!

忙しい人のための作り置きマーケティング  ヘルシービジネス
作っておくと便利なマーケティング     栄養たっぷりマネジメント
マーケティングの簡単レシピ        見える化の簡単レシピ
超訳・キャラごはん            一年中おいしいお客様
成功する献立               オーガニック戦略
もっちりとは。              予算横丁
ポストモダン鍋              思想定食
図解・神との対話             13歳からのもてなしごはん
さっくり人生論              おうちでできる焼きたて人生論
麹論                   すぐにおいしいブルーオーシャン
まいにち食べたいソーシャルメディア    ハイパワースイーツ
はじめての神との対話           はじめての解脱
魔法の技術                ネタ帳の生涯
泣くほどうまい道(どう)         加速させるジュース
本場仕込みの幸福について

とりあえず、一巡ではこんなものでした。どうでしょう?結構ユニークですか?
もしも学生街の定食屋さんで
「思想定食 マルクス八百円 シュンペーター七百五十円 …」
なんてあったら、面白いかも知れませんね。
もっと書き出したければ、二巡~三巡に入ってください。
ただ、だんだん重複して来たり、考えるようになりますので、
考え出したな…と思ったらストップしてください。

これらはあくまで練習です。ほとんどは下案で終わって捨てられるものです。
ちょっと気に入っても、しがみつかないように。アイデアを捨てる練習でもありますからね。
1つ2つ残っても、そこから何度もブラッシュアップしていくものだと思ってくださいね。

こういうことをやってると、打ち合わせの時に
コピーやアイデアの下案くらいはパッと出せるようになる。…かもしれません。

さてモデルケースの仮タイトルを立ててみました…

【タイトル案】
タイトル   「見える化」の簡単レシピ100
サブタイトル ~タレとしおで選ぶ、秘伝の商売向上わざ~


企画書のダミータイトルくらいには使えます。


0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
1

Trackback

  1. まとめwoネタ速neo

    2012-05-21 (Mon) 21:06

    仕事柄(あれ?)、「ネーミング」に感心されることが結構あります。(コピーライティングは専門ではありませんが…)ネーミングを考えるときの一番悪いケースは、最初に出たアイデアが気に入ってしまい、なかなかそこから離れられないことだと思います。たとえばロゴマー...

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop