プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
224

レターパックプラス500で箱モノを送る方法(2)

IMG_0176_convert_20121017165021_20121018180155.jpg

レターパックプラス500で箱モノを送る方法(2)

こんな記事ばっかりですみません。
前回、カーブ折を使った折り方の例を紹介しましたが、
もっとオーソドックスな方法を紹介します。

まず、上の写真を見てください。
この包みが、下のレターパックに入ると思いますか?

IMG_0178_convert_20121017165149.jpg


結論から言えば、直方体(常識的な形)の場合、
上辺の短い方+高さが25センチ以下。上辺の長い方+高さが34センチ以下なら
入ります。
恐るべし、レターパック500

高さ÷2を、それぞれの端から印をつけます。

IMG_0179_convert_20121017165233.jpg

↑こんな感じ。

IMG_0180_convert_20121017165350.jpg

割りばしとか、書けないボールペンとかで「折り目」をつけて
片方側に折ります。この時、印の角からレターパックの角までの折り目も付けます。

表側を折り返し、完成。

IMG_0182_convert_20121017165427.jpg

↑余裕で入りました。

IMG_0184_convert_20121017165503.jpg

最後に封をして完成ですが、
綴じ代の、角に当たるところは、切れ目を入れた方がきれいに貼れます。
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop