プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
240

芸術的豚汁

普段、自分の料理の写真をブログやSNSへアップするくらいなら
大山増達ばりに、片方の眉毛を剃り落とし、
山へ修行にこもる方がマシだと思っている私だが、

豚汁を作るつもりが、
私の天才的な才能が、奇跡的なケミストリーを引き起こし、
未知の料理ができたので披露してみることにした。


IMG_20140222_203442.jpg

ポコポコと何かを訴えるかのように沸いてくる大きな泡
1ミリの透明感をも許さない、超濃厚なスープは2倍に希釈するエコスタイル
底なし沼の溺●体のように、深々と沈んだまま浮かんでこれない豚コマと具材たち
まばゆく輝く琥珀色のメレンゲのごとく、ふわふわと表面を飾る小さな気泡(え?アクって言うんですか?)
豆腐達の見事な崩れ具合は、現代彫刻をも思わせる造形
のどをふさぐのに超絶な大きさのコンニャク
ゴッホの筆致をほうふつとさせる、黒焦げもやしのアクセントが全体を引き締める
今まで嗅いだ事のない芳醇な香りが部屋中に広がる。心なしか部屋の植物の色が褪せたようだが気のせいだろう
「ほっぺたが落ちる」とはよく言ったものだ。ホーローの鍋底が溶け落ちるような気がする
継ぎ足し継ぎ足しで数百年の一子相伝の秘伝のタレ あるいは
高級レストランで老ウェイターが「18年ものでございます」と、そっとつぶやきそうな重厚な存在感
嗚呼、私の豊富な語彙と筆力をもってしても、もはやこの芸術を表現する術がない

完璧である。自分の才能が怖い。
おねがいランキングで川●シェフに10点もらえるのは間違いない。
スキージャンプでは葛●くんがレジェンドと呼ばれているようだが、
豚汁界では私がレジェンドと呼ばれることだろう。

何故か
カミさんは100円のアルミうどんを食べた。
ムスメはピザを買ってきた。

帰ってきたムスコには、こっそり出した。
「このヌルヌル何?」
「オクラ」
「……」
小さいときからあまり怒ったりしない優しい子である。

さあ!私もいただこう! ズズズー
口いっぱいに広がる複雑な数式を思わせる味! 
この謎はガリレオの福●君でも解けまい。
<グルギュルグルギュルギュルギュルルルル~~>
おおぉ! 内臓が歓喜の雄たけびを上げ、
全力で消化しようとしている。

ん~~ 食べても食べても減らない。
もはやドラエモンの道具を超えてしまったな。
もしかしたら、世界の食糧危機を救ってしまうかもしれない。

体の何かが覚醒したのか、寝付けない。
明日、スーパーサイヤ人になっているかもしれない。
毎日を戦う社会戦士、受験競争を生き抜く若者にも、ぜひお勧めしたい。

あと4日は、これを食べることになりそうである。
……私は「責任」という言葉の意味を知った。
  • Date : 2014-02-23 (Sun)
  • Category : 雑記
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop