プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
241

六段資格挑戦中

IMG_20140525_174700.jpg

毎週楽しく読んでいる「週刊将棋」の
今までは五段までが上限だった段級位認定問題に
4月から六段コースが新設されたのでチャレンジすることにしました。
五段格を取ってから、考えてみたら10年以上経つので、
果たしてちゃんと問題が解けるか、はなはだ不安ではありますが。

ちなみに五段格の「格」っていうのは何かというと
資格認定されたのに「免状」を取得しなかったということ。
「免状」取得すると、日本将棋連盟の有段者台帳に名前が記載され記録が残る。

私の場合、資格取得しても多分免状は取らないだろうな。
だって、高いんだもん。
もし私が五段の免状を取るとしたら、その下の四段の免状も持ってないので
飛び付きで「145,800円」也。
飛び付きって何かというと学校でいうと「飛び級」みたいなもの。

ちなみにこのまま六段の資格を得て免状を取得した場合
「324,000円」(飛付き料54,000円)

……間違いなくギター買うな…

まあ、チャレンジは楽しいので、六段資格は目指します。
規定の点数までは、1年内に20問正解しなければならない。
最速でも20週=5ヶ月掛かることになる。
今年中に到達するのが目標です。

幸い、最初の5問までは「正解」で
第1コーナーをノーミスで回りきったところ。

はたして快進撃はどこまで続く?
乞うご期待!  ……って、誰もこんなの期待してないよね。


(追記 2015.7.13)

出だし快調! 10問くらい連続正解で、
「お!これは、パーフェクトいけるじゃない?」などとほくそ笑んでいたのですが、
さすがに六段コース!そんなに甘いわけは無く、
60%過ぎたあたりで、実力が…あ、いや、ミスが出始めます。 (;゜д゜)ァ....

一度、2週連続間違えたりして…
「こっ・これはイカーン!!」と気合を入れ直し、
何とか「24問」で規定点数(20正解)に到達し、5ヶ月でゴール。
目標にしていた「誕生日まで到達」は、無事クリア。
でも、毎週の楽しみが無くなってしまい、ちょっと残念です。

それにしても、本当に難しかったー!
大体は、1週間時間いっぱい考えられたから何とか正解できましたけど。
もし実戦で出てきたら、9割がた持ち時間では読み切れません。 …orz

「勝ちがあるはず!」と思っているから、何とか正解が探せるのですが
実戦だったら、全部投了してるかも…

まあつまり、実はそこまでの棋力は無いってことです。 (;^ω^)

ここでは、問題を紹介できないのが残念ですが、
もう難解パズルに近いですね。もはや芸術的です。
大駒の不成りとか、超絶的な中合いとか…

こんな問題を考える方は、すごいですね。

とても楽しい体験でした。
皆さんも、ぜひ「段級位認定問題」にチャレンジしてみてくださいね。

IMGP6016_20150713113728735.jpg

2

Comment

  1. DUG

    DUG

    2014-06-08 (Sun) 15:25

    水登さん

    コメントありがとうございます。
    「3月のライオン」コミックスで読んでますよ。すごく面白いですね。
    将棋をテーマしながら、知らない人でも楽しめるのが素晴らしいです。

    六段資格チャレンジは、
    また、ブログで経過報告するつもりです。
  2. 水登

    水登

    2014-06-08 (Sun) 06:29

    DUGさん、こんにちは。将棋、指されるんですね。

    「3月のライオン」という漫画、ご存知ですか?
    私は将棋は全くわかりませんが
    わかる方が読まれるとより深いんだろうな、といつも思います。

    六段資格チャレンジ応援しています。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop