プロフィール

DUG

Author:DUG
堀田 正典/Hotta Masanori
【過去ログ:ギャラリー二子玉川/二子玉川美術倶楽部/フタコノオト(Futako Note)等】

Follow DUGARTZ on Twitter
DUG on twitter

<制作メイキングムービー>

count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
888位
アクセスランキングを見る>>
441

2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (4)

--「Tシャツも“コピペ”?」記事に疑問--

大問題となってしまった佐野研二郎デザインの<サントリー オールフリーの「夏は昼からトート」キャンペーンプレゼント>
事務所のHPに、お詫びと説明がアップされ、
前記事「2020年 東京オリンピック/東京パラリンピック エンブレムの問題について (3)」で書いた通りでした。

そんな中、また衝撃的な記事がネットニュースに踊りました。
日刊ゲンダイ
Tシャツも“コピペ”? 佐野研二郎氏を襲った「新たな疑惑」 
http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771

記事の内容は、直接日刊ゲンダイのサイトをご覧いただきたいですが、
著作権法に詳しい弁護士の意見なども交えて、なかなか説得力があります。

しかし、 「ん?」 よくよく見ると、
ボディのデザインプリントではなく
ネック裏のサイズタグ代わりのプリントですよね。これ。
デザインの「Primal Engine」というのは、このTシャツ会社のシリーズ名らしく、
佐野氏デザイン以外のTシャツにも使われているようです。
つまり、佐野氏デザインとは全く関係が無い可能性が高いように思えますが……
もしかしたら、本当に佐野氏デザインなのかもしれませんし、
私がメーカーに確認したわけではないので、これ以上は何ともいえませんが
(別にメーカーに確認するつもりも無いので、あしからず。)

しかしこれは、日刊ゲンダイの確信犯的記事ではないでしょうか?
もっとも不自然な点は、
音楽ディレクターや弁護士に取材しているにも関わらず、
肝心のTシャツメーカーのコメントを取っていない。点です。
恐らく、取材したのですが、期待した結果(?)が出なかったので
取材を無かったことのようにしたのではないでしょうか。

佐野氏の盗用デザインを叩くのは構わないと思いますが、
便乗して、ウソの情報を紛れ込ませたり、ウソの盗用をでっち上げるのは絶対いけません。

※もちろん、タグ代わりのプリントデザインとはいえ、
記事の通り、元写真を許可無く勝手に使ったのであれば、誰がデザインしていても、それ自体は盗用ですし、
タグプリントが佐野氏デザインなら記事の指摘は正しいと思います。


さて、話題の佐野氏の方ですが、
おそらく、JOCと広告代理店の監視下に置かれていることでしょう。
そして、過去のデザインなどについて、全て細かく尋問と調査を受けていると思います。
当然、勝手な言動などができる状態ではないはずです。

その調査の結果次第で、JOCの出方が変わると思いますが
もし、更に盗用が見つかるようであれば、「支えきれない」と判断し、
●佐野氏からデザイン取り下げ申請→●JOC「残念ですが、佐野氏からデザインの取り下げがありました」
●佐野氏「盗作は事実無根ですが、これ以上迷惑は掛けられないので取り下げました。」
というシナリオになると予想します。

明日は、週明けの月曜となり、今週は何らかの動きがあるかもしれませんね。



(追記)

普通は、記者がこのような記事を書いてきても、
デスクが当然ダメだしするんだけどなあ……
ちゃんと見てないのか、わかっててやってるのか。

あれ?最近どっかで同じようなことを見た気が……

MR_DESIGN と同じ図式じゃん!


0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@DUGARTZさんのツイート
Return to Pagetop